【必読】子連れタイ旅行

海外旅行携帯で高額請求されないためには?海外無料の格安SIMの紹介

海外旅行携帯で高額請求されないためには?海外無料の格安SIMの紹介

この記事では、海外旅行で使った携帯の高額請求をされないための方法と、海外無料の格安SIMを紹介しています。

「高額請求されないためには…?」
「海外無料の格安SIMはどこを選べばいいの…」

こんな風に悩んでいる人も多いかなと思います。

せっかく楽しい海外旅行だったのに、何も知らないまま携帯を使うと予想外に高額請求をされる場合があるから。

携帯の設定が正しくできていなければ、海外ローミングを「使うつもりがなかった」としても、利用料金が請求されることがあるんです。

そのため「海外旅行で高額請求されてしまった…」という人が「設定方法を知らなかった」といった事態になってしまうのです。

そこで今回は、海外旅行で携帯を使っても、高額請求されない方法と、海外無料の格安SIMをわかりやすく解説します!

海外旅行が楽しい思い出のまま続けられるよう、出発する前にしっかり携帯の格安SIM準備をしておきましょうね♪

この記事でわかること

・海外旅行で高額請求されないための方法がわかる
・海外無料の格安SIMがわかる

 

\海外無料で使えるおすすめ格安SIMを先に見てみる!/

 

海外旅行で高額請求されないためには?

海外旅行で高額請求にならないためにも、携帯の設定を以下の3つに分けて説明します。

携帯の設定方法

①携帯のデータローミングをオフにする
②モバイルデータ通信/モバイルネットワークをオフにする
③機内モードをオンにする

1から一緒にみていきましょう♪

高額請求されないように、必ず設定してみてくださいね!

※お手持ちの携帯電話によって設定方法と異なる場合もありますので、ご利用中の携帯会社にもご確認ください。

①携帯のデータローミングをオフにする

携帯のデータローミングは、空港を出発する前にOFFにしましょう!

今使っている携帯の通信キャリア(ドコモや楽天など)のサービスエリア外になった場合に、現地キャリアの通信サービスを利用できるようにするためです。

この設定を忘れてしまうと、データローミングを使って、海外の通信キャリアを使ってしまうため、結果「高額請求になった」となるから。

設定方法は、とても簡単!

「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」→「データローミングをOFF」これだけです♪

②モバイルデータ通信/モバイルネットワークをオフにする

データローミングをOFFにしたら「モバイルデータ通信とモバイルネットワーク」もOFFにしましょう!

すると、電話回線を使った通信もできなくなるので、3G、4G/LTE回線の利用ができなくなるので、高額請求もされません。

ただし、Wi-fiは使えるので、フリーWi-fiやポケットWi-fiのデータ通信が優先して接続されるので、安心ですよ。

設定方法は、「設定」→「モバイル通信」→「モバイルデータ通信」をタップしてOFF」でOKです!

③機内モードをオンにする

携帯の機内モードをONにしましょう!

「機内モード」はその名のとおり、飛行機の中でも使えるようになるモード。

飛行機の運行の妨げにならないように、電話やBluetoothなどの電波がすべて遮断され「Wi-fi」以外はつながりません。

高額請求されないためには、必須の設定なので必ず「機内モードはON」にすることを忘れねいでくださいね。

ここでは、高額請求をされないための設定方法を3つ解説しました。

海外旅行で携帯を使う場合、高額請求されずに、日本と同じ携帯を使って現地でもネット通信をしたい方がほとんどだと思います。

次では、モバイルデータ通信をOFFにした状態で、通信料金を気にせず、インターネットを使える格安SIMのおすすめを紹介しますね。

海外無料のおすすめ格安SIM

海外無料の格安SIMおすすめは以下のとおりです!

月額料金 データ
容量
通信速度 使用回線 海外
プラン

楽天
モバイル
1,078円
(税込)
1GB〜 高速下り
55.16Mbps
楽天・au 毎月2GB
無料

ahamo
2,970円
(税込)
20GB 超高速下り
141.99Mbps
docomo 20GB
まで無料

UQ
モバイル
990円
(税込)
3GB 〜 高速下り
76.2Mbps
au 早割490円〜

LINE MO
990円
(税込)
3GB〜 高速下り
52.7Mbps
SoftBank ※世界対応ケータイ申し込みで無料

Y!
mobile
1,078円
(税込)
4GB〜 高速下り
58.5Mbps
SoftBank ※世界対応ケータイ申し込みで無料

(※SoftBankは海外プラン利用の際は「世界対応ケータイ(無料)」の申し込みが必要になります。)

海外旅行に頻繁に行く方、あるいはこれから行く予定のある方でも、安心して海外ローミングを利用できる携帯会社に、乗り換える方が増えてきています。

そこで、料金を気にせずに海外旅行が楽しめるプランが用意されている「楽天モバイル」と「ahamo」の2つを詳しく紹介しますね♪

格安SIM①楽天モバイル

楽天モバイル注意事項

・海外でのデータ消費はプランのデータ利用料に加算されます。
・海外への渡航前に、国内でRakuten Linkを認証が必要です。海外ローミングによっては認証ができない場合あり。
・海外の対象国と地域以外は、Wi-fi接続時のみ利用可能
・データ通信(海外ローミング)のサービスエリアは予告なく変更になる場合があります。

海外旅行によく行く方は楽天モバイルに乗り換えるのがおすすめ!

契約したら、そのままスムーズに海外で2GB〜4Gの高速通信が使えます。

海外での利用料金 毎月2GB無料(月額1,078円)
データ通信量 1GBあたり500円
申し込み 不要
追加料金 なし

格安SIM1番のおすすめは『楽天モバイル

楽天モバイルの海外ローミンングは、69ヶ国の国と地域の対応しています。

楽天モバイルなら毎月2GBまで無料で使えて、足りなくなったら1GB(500円)でデータをチャージできるので安心です!

さらに、Rakuten Linkアプリ同士の利用なら国際電話が何時間でも無料使えてダブルでお得

ちょっとした用事で電話したつもりが、10分以上経っていたことがありませんか?

日本↔︎タイの場合】国際電話の通話料金30秒ごと

楽天/au65円(10分の通話で1,300円)
docomo68円(10分の通話で1,360円)
SoftBank99円(10分の通話で1,980円)

(国によって料金は異なります。)

上記の料金に沿って計算すると、10分の通話料金は、月額を上回る料金がかかるため、無料で通話できることがいかにお得かがわかりますよね♪

また、追加で1GB購入した場合は、有効期限が購入日を含め31日間です。

たとえば、月額料金1,078円と追加の1GB500円で1,578円なので、海外のWi-fiを利用するより安く海外ローミングを利用できる計算になります!

海外旅行の格安SIMなら楽天モバイルが一番おすすめですよ♪

格安SIM②ahamo

ahamo注意事項

・利用可能なデータはahamo大盛りでも20GBまでです
・容量の上限は国内と海外を合わせたギガ数になります
・海外で最初にデータ通信した日(日本時間)を起算日として15日経過後の日本時間0時以降、速度制限(送受信最大128kbps)がかかります

海外での利用料金 月額2,970円(税込)
データ通信量 20GB
申し込み 不要
追加料金 なし

ahamoは海外82ヵ国の地域で利用できます。

毎月20GBまで月額2,970円で申し込み不要で、大容量なギガをいつも使っている携帯で使えるので手間がかからずお得です♪

1週間程度の海外旅行なら、ahamoがおすすめ

ただし、海外で15日以上滞在した場合は、自動的に速度制限がかかり、データもチャージできなくなるので、気をつけましょう!

海外旅行には海外無料の格安シムを利用しよう!

今回は、海外旅行で使った携帯料金の高額請求を、されないための方法と、海外無料の格安SIMを解説しました。

特におすすめの格安SIMは楽天モバイルです!

海外旅行に行く際は、日本の海外ローミング対応の携帯キャリアを契約して行くことで、安心して使え、トラブルも防げます。

少し前だと、海外ローミングを使いすぎて高額請求された…なんて声もよく聞きました。

現在は国内の海外ローミングのサービスが充実していて、逆にどこを選べばいいのか迷うことの方が多いかもせれませんが!

そんな人は、海外ローミングのサービスが充実していて使いやすい楽天モバイルに乗り換えるのが、一番お得な方法で損はありませんよ♪

こちらから申し込みに進めるので、ぜひ利用してみてくださいね